2019年1月9日水曜日

野毛の会よ永遠なれ

1月5日土曜日新年1発目の横浜電子工作連絡会(通称:野毛の会・・・私が勝手に言っているわけですが^^;)に出かけてきました。

夕方5時ごろはすでにあたりは暗くなっていますが、土曜日の野毛は人でいっぱいで活気にあふれています。


開始時間に少し遅れて会場に到着しましたが、どうやら今回この地での定期会は最後なのだそうです。会場となった飲み屋さんは創業65年で大変な老舗なのですが、女将さんがご高齢になりそろそろ引退されるため毎月この会に提供されていたスペースを閉じることになりました。

この会はお店の2階にあるおよそ12畳程度のお座敷で、大体10名ほどの自作大好き人間がテーブルを囲んでお酒と食事をしながら各自持ち寄った自作品などをゆっくり堪能できる心地よい空間と時間でした。そういうわけで少し寂しい思いを抱きつつ最後の会を楽しませていただきました。

今回はこの地での最後の会ということで20名近い方が参加されました。


各自思い思いの自作談義が続き、参加者1名ずつ持ち寄った自作品などのプレゼンテーションを行います。またパーツなどの提供品のじゃんけん大会など特に式次第なく自然に進行していくところもまた和やかで良い雰囲気でした。

今回私がプレゼンテーションしたものは・・・


400セット近くという驚異の頒布数を誇るあのCW INVADERSキットの携帯ゲーム化セット(笑)です。

3Dプリンターで本体基板のエンクロージャと、アーケードゲーム用のボタンスイッチ(マルツで販売されています)と006P乾電池を内蔵したボックスを作製し、本体と合体させて使用します。

各ジャックの位置に合わせて取り付けたプラグを挿入しCW INVADERS On The GO!
そんなこんなで4時間近くの時間はあっという間に過ぎ集合写真撮影後はめいめいで2次会3次会と流れていきました。

最後に、刷り上がった最初で最後の工作会の会誌が参加者に配布されました。私も寄稿しましたが、想像以上に濃い内容になっていました。この会は30年ほど前に始まるなど簡単な歴史も記されていて、良い資料になっています。当時はこんなことしていたんだとか、将来もいろいろと読み返される機会があろうかと思いますがこうして紙媒体に残るというのは良いものです。


ネットではたいていの情報を得たり、自分の成果をブログやSNSなどで公開することが容易ですが、こういった実際に自作erの面々が一度に集まる会にはネットでは得られない情報や新しい発見、人前でのプレゼンテーションなどネットでは難しい体験ができると思います。

この会も現在の形ではファイナルですが、今後も何らかの形で継続することになるようです。私も参加して2年弱の新参者ですが、なにかお手伝いが出来ればと考えています。

最後に10年以上ほぼ毎月幹事としてこの会を守っていただいた7N4MIS 宇佐美OM本当にありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

横浜電子工作連絡会のサイト

工作王トロフィーとメダル(私も何回か頂戴いたしました)

2019年1月3日木曜日

2019年始動

みなさま新年明けましておめでとうございます。

2019年になりすでに三が日が終わろうとしています。

三が日といえばNew Year Partyがありますが、カムバックして数年続けていたのがある年年越しで旅行で出れなかったのをきっかけに出るのが億劫になってしまいました。

12年分のシールを集めないと完成しないのでいったん穴が開くと半分やる気がなくなってしまうのは私だけでしょうか?(苦笑)

まぁそれでも期間中は各バンドにぎやかになるので今年は参加することにしました。

三が日から仕事は始まっているので合間を縫って160mCW、40mCW、2mSSB、70cmFMで呼び回りして23Qかき集めました。

160mは久しぶりに自作SRA(SuperRad Antenna)を取り出して設置しました。


再調整なしでバンド内VSWRは1.5以内に収まっていたのでそのまま50Wで数局コールし3局に拾っていただきました。

近距離は応答確率が高いのですが、6エリアや8エリアはよく聞こえても呼んでも取ってもらえずでした。

SRAについては動作についていろいろとすったもんだがあったようですが、なんとなくこれもいろいろといわれているGAWANTに動作が似ているのでは?と思える節があって、機会みて記事にしようと思います。

とにかく飛ぶ飛ばないという以前に大きなアンテナを建てられなくてもとりあえずバンドに出たいという需要にこたえるアンテナのひとつかもしれません。

ただ限界を見て次にどうしようかと考える時期に来ているのかもしれません。

というわけで2019年はじめの活動報告でした。

本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

2018年12月31日月曜日

2018年を振り返る

もうなんかあっという間に2018年平成最後の大晦日になってしまいました。

そういうわけで2018年のまとめをしようと思います。

まずはハイライト

1.3Dプリンタの導入&大活躍
 VNシリーズオリジナルののエンクロージャを製作したいと以前から考えていましたが手始めに2018年の初めにSnapmakerを入手しました。しかし最初はなかなか手付かずになっていました。ようやく夏の終わりに開梱して組み立て、出力ソフトにおまけでついていたGコードファイルで何もわからないままに初出力。
 なんとなくできたかなーといった感じで、樹脂の素材やら反りの問題など1から試す形でほぼ毎日稼働している状態でした。またCADもFreeCADというフリーウエアの力でケースやつまみなどのパーツ類などはこのソフトでほとんどすべて3Dデータを作り出すことができます。わざわざ紙にスケッチしなくても、いきなりPC上で基本図形の組み合わせで複雑な図形を比較的簡単に作り出せ、またワークベンチというプラグインを導入するとさらに高度な3Dデータを作ることができる私のような素人にとって素晴らしいソフトです。
 そんなこんなで素材の特性やら、積層型のプリンタの特徴など作りながら少しずつ習得していくという日々が続きましたが、ついに念願のVNシリーズのエンクロージャを完成させる事が出来ました。
 また2台目の3DプリンタとしてGeeetech A30を導入、VNシリーズのほかに、Keyer Mini-V2 Revision2用のエンクロージャや巷で大人気のJQ1SRN OM作CW INVADERSのケースも作ってしまいました。

プレーは全くもってへたくそです(汗

 今後頒布するキットなども3Dプリンターで作ったエンクロージャを標準にしたいところですが、なにせ出力にまだ時間がかかる(1セット揃えるまで半日かかる)のでまだお悩み中です。

2.VNシリーズ3バンド揃う
  3出力PLLクロックジェネレータIC Si5351Aの存在を知ってから約3年ほどかけて初めてのオリジナルのトランシーバを作り上げました。その後人柱版キットとしてGoogle+のお仲間さんに配布しフィードバックをいただいたり、JE3QDZ吉村さんやJI3IVL森さんはじめ皆さんの多大な協力を得て、様々な不具合の解消や機能改善、マニュアルの英文化など自分一人では到底到達できないところまで完成度を上げる事が出来、このことを通じて自分もとても勉強になりました。また今年は7MHz版をベースにしてさらに10MHz版のVN-3002、14MHz版のVN-2002とバリエーションも増え、次は別に新たに何かを作りたいと思っています。

3.自主製作キットメイカー(無線版同人ハード)が増えた
 KiCADの普及や個人でプリント基板製作委託が安価にできるようになったことが大きいのではないかと考えていますが、無線界隈でも個人でキットを頒布される方がぽつぽつ増えてきました。今まで自作していても、他者がなかなか再現できない、またはその反対にこれはと思った作品例を見ても自分で再現難しいなどある意味自分流だけで終わってしまうような流れに風穴を開けるというか。大袈裟かもしれませんが、自主製作キットを頒布するという行為は、自分なりに調べて設計し頒布したものがはたして他の人にとってどう映るのか直接感じる事が出来る、また具体的なフィードバックや思いもつかなかったアイディアなど浮かんできたり、とにかく自分や他の人を巻き込んだ技術向上に貢献する行為と実感しているので、そうした方々が増えていることはとても喜ばしいことです。来年はもっとアクティブになるのではと期待しています。

というわけで自作中心のハイライトでした。

次にローライト

1.移動運用のアクティビティががたおちに
 とくに136kHz運用がぐっと減ってしまいました。昨年のローディングコイル破損が効いたのか一時まったく補修する気が起きず放置状態でしたが、3Dプリンターを使ってようやくうまく補修完了し11月の小笠原運用に合わせて千葉県某所に出かけましたが途中目的地直前で路肩崩れで到達できず近くの広い駐車場でアンテナを展開しました。林に囲まれていたのでロケーションは最悪小笠原どころか同時にQRVしていた1局のみかろうじてQSOできたにとどまりました。エレメントも経年変化か金属疲労で数か所で切れてしまうなど散々でした。
 ローディングコイルはちゃんと動作していることは確認できたので暖かくなる前にエレメントのリニューアルなど行おうと思っています。

2.やっぱりSASだった
 無線とは関係ない自分の身体のことですが、前々から就寝中のいびきや呼吸が止まったようになると家人に指摘されていて、なおかつ寝覚めも良くなく日中もいつも眠たいなどの症状が見られたので重い腰を上げて検査に臨みました。
 結果はやはりというか睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome; SAS)しかも結構重症(最低酸素飽和度50%台というのにはさすがに驚いた)だったためCPAP導入しました。
 毎晩マスクを装着して機械に接続するなど結構煩雑ですが、導入してみると寝覚めは良くなるし日中の眠気も改善傾向になるなど効果は明白でした。
 将来内蔵の負担から起こる合併症のことを考えるとCPAPは続けていく所存です。旅行の時の持ち運びがちょっと面倒ですが^^;

 まぁ細かいこと言えばまだいくつかありますが、大きなところではこんな感じでこれにて2018年を締めくくりたいと思います。

皆様におかれましては良いお年をお迎えください。

また来年もひとつこのブログをご贔屓にお願いいたしますm(_ _)m

2018年12月12日水曜日

最近までのまとめ

前の投稿からだいぶ空いてしまいました。

そんなわけで最近までのまとめということで。

今嵌まっているものと言えばこちら。


Snapmakerという3Dプリンタ、CNC、レーザー加工機の複合機を購入済みでしたが、出力可能な大きさが125mm立方と比較的小さいためもっと大きなものを造形できる3Dプリンタを探したところ、Geeetech社のA30というのを見つけ早速購入しました。最大造形サイズは320x320x420mmと非常に大きいです。パッケージはZ軸の枠を取り付けて各配線を施せばOKという半完成タイプで、開梱して30分ほどでセットアップが出来ました。

この手のプリンタはCR-10というプリンタと同じような構成で、各パーツ流用できるものがありeBayなどでも容易に手に入るようです。Snapmakerと違いX軸Y軸がベルト駆動だったり囲いがなかったり少々不安な面もありましたが、結果的に購入して正解でした。

FaceBookのユーザーグループに参加してこのプリンタのまつわるものなどいろいろな情報を仕入れ少々改造や設定の調整など行うことによってやっと安定して出力できるようになりました。


3DCADはいつものFreeCADを使いSTLでエクスポートしたデータファイルをCURAというスライサーソフトに読み込ませ、Gコードファイルを生成し、そのファイルをA30用のプリントソフトに読み込ませてUSB経由で出力しています。SDカードによるスタンドアロン出力も可能で便利そうなレジューム機能も付いていますがなぜか出力の途中で軸の制御がおかしくなって失敗してしまいます。まだ原因が分かりませんが今後解消してスタンドアロンで出力としたいところです。

というわけで、このプリンタを使っていろいろと作ってみました。


まずはVNシリーズのエンクロージャ。

SnapMakerでも作りましたが、A30は造形エリアが広いので構成パーツをすべて1回で出力可能です。時間はかかりますが余熱待機時間分早くなるし、CURA上の設定でプリント速度を速めたりさまざまなパラメータを調整することで時間短縮する事が出来ます。(もちろんSnapMakerでもCURAで作成したGコードファイルで出力は可能です。)

つぎに、135kHz帯運用で必要な大型ローディングコイルに内蔵するバリオメーターコイルの回転機構を製作。


コイルの回転軸の両側に見える大型のギアですが、3DCADでデザインして3Dプリンタで出力したものをそのまま使っています。

ギアを収める透明の枠はアクリル板を加工したもので、6mm径のベークライト棒を加工してギアの軸穴に挿入してコイルの回転軸と操作ツマミ用の軸としています。取り付けビス・ナット類もプラスチックねじを使うことによってコイルと端子以外は金属フリーになっています。


また、ローディングコイル機構を組み込んだ本コイルの外側に回転操作用の軸を通すガイド、バーニヤダイヤルを着脱可能にするためのアタッチメントも3Dプリンタで作成しました。

最後に、Keyer Mini-V2 Revision2用のエンクロージャも作ってみました。


 形状をいろいろ考えましたが素材のABSの強度を考えると、前面のアクリルパネルは残したほうが良いと考え前面のアクリルパネルを残す形にしてみたら、意外としっくりしました。


これまたうまくいったものは、電池アクセス用の蓋です。底面と蓋の厚さを3mmと厚くして 強度を持たせるようにしました。重なる部分を少し削る必要がありますが、案外ぴったりとはまってくれるのでFBな仕上がりになりました。

だいぶ自分なりにノウハウが蓄積されてきたので、またいろいろと製作しようと目論んでいます。

それから、久しぶりに小笠原の135kHzと475kHz運用が11月の下旬に行われるということで、久しぶりに135kHz移動運用を敢行しました。

移動場所は千葉県の勝浦ダム。3年ほど前に千葉コンで移動した場所です。ノイズが非常に少なくJA7NIの信号が強力に受信できたので、受信だけでもできないだろうかと早朝移動しました。ところが途中最後のところで路肩のがけ崩れで通行止めを食らってしまいました。もう一つのルートで向かおうと思いましたが時間がないため仕方なく広めで誰もいない駐車場に停めてアンテナ設営しました。

広めとはいえ周りが林に囲まれておりロケーションとしては良くないです。ともあれせっかく来たのでいつもの12m高2条傘型アンテナと、先日完成したローディングコイル、10枚のガルバリウム鋼板によるアースマットを設置。アンテナ入力抵抗は約100Ωとやはり周りの林の影響が大きいと思われました。

そうして136.5kHz付近をワッチしてみるとJA1HQG移動局がCQを出していたためコールし579-559でQSOできましたが、JD1の信号は聞こえずでした。その後137.5kHz付近でWSPR2を送信し数局捕捉してもらったのを確認して撤収しました。

設営時エレメントのアルミ線が切れ切れになってしまったため、ローディングコイル以外もそろそろリニューアルの必要性を感じました。

あとはVNシリーズの製作代行もぼちぼち依頼が来ており製作を進めていますがそろそろ次のものを考えようとパーツなど集めて試作をしようと考えています。何になるかはまた後日。

2018年10月31日水曜日

今更ながらのSDR-3製作記(とりあえずできたー編)

CQ出版社のトランジスタ技術誌9月号のSDR特集にあったSDR-3という7MHz帯SSBトランシーバーのキットを販売するという情報を聞きつけ、早速Faxで注文しキットが届きましたが、3Dプリンターとの格闘中で組み立てが先延ばしになっていました。

ひと段落したところで届いたSDR-3キットをとりあえず組み立ててみました。


届いたキットにはトランジスタ技術9月号も同梱されていました。

コントロール部 SDR-3D(ディジタル部)の内容
RF部 SDR-3A(アナログ部)の内容

キットは、STM32F4とオーディオコーデック、LCD、コントロールスイッチロータリーエンコーダを含むSDR-3Dと、ベースバンド信号をRF信号に変換するSDR-3Aに分かれて梱包されています。

説明書に従い、まずはSDR-3Dから組み立てていきます・


SDR-3Dの内容ですが、表面実装部品はすでに装着済みです。まずDCコネクタをハンダ付けしてDC5Vを供給し、システムのVDDの電圧が規定値に収まるか確認し、プログラミング用のシリアル通信ヘッダピンを装着します。

事前に確認しなかったのですが、STMマイコンにプログラムを入れる作業が必要です。そのために別途USB-シリアル(3.3V)変換モジュールが必要となるのですが、以前秋月で購入していた超小型USB-シリアル変換モジュールを思い出しパーツ箱をひっくり返して探し当てました。個人的には本誌を同梱するのならモジュールも用意してくれるとありがたかったのですが、偶々手持ちのものがあったので先に進める事が出来ました。

ちなみにUSB-RS-232C変換モジュールは使えません。高くて12V程度の電圧がマイコンポートにかかってしまうのでマイコン側が壊れてしまいます。

秋月で購入しておいたUSB-シリアル変換モジュール
モジュールの用意が出来たらPCとSDR-3Dのシリアルポートをモジュールを介して接続し、STmicroのサイトからプログラミング用のソフトをダウンロードします。(STmicroへのsign upが必要)


おじさん工房のサイトから実行ファイルをDLしマイコンにプログラム中
プログラムの書き込みが終了し、ボード上のLEDが正しく点灯、点滅しているのを確認して、残りのヘッダピンやスイッチ、ロータリーエンコーダなどをハンダ付けしていきます。LCDは基板の裏についているSDカードソケットを外す作業が必要です。
部品装着が終わったら改めて5VDCを供給し起動させます。

再起動しLCDが表示されています スイッチ類の動作も確認
LCDに一連の表示が出て、ロータリーエンコーダなどの動作が確認できればSDR-3Dはひとまず完成です。

引き続きSDR-3Aを組み立てます。こちらも表面実装部品は装着済みなので、ヘッダピンやリードインダクタ、リレー、RFトランス(手巻きが必要)を説明書に沿って装着していきます。

最後にSDR-3DとSDR-3Aをつなぐコード処理をし、相互に接続して完成です。完成までゆっくり行っておよそ3時間程度です。


アンテナとスピーカーをつないで起動させるとバンドスコープに信号が表示され、受信を開始します。


とりあえず受信は問題なく動作しています。送信部のテストと各測定についてはまた次の機会に纏めようと思います。

このキットは完成度は高いですが、実験や教材としてとても有用です。ただ使うだけではもったいないですね。時々記事のネタにしていこうと思っています。

今回はとりあえず完成したよ!ということで(笑)