2020年1月14日火曜日

ローバンド(160m, 80mバンド)用小型CWトランシーバVN-L5シリーズ人柱版モニター募集について ⇒ 1/17定員に達したので締め切ります

昨年末から試作を続けていました、ローバンド用新VNシリーズ”VN-L5シリーズ”の人柱版の基板が到着し、実際に組み立てて動作を確認しましたのでベータテスターを募集します。

組み立てた実機は来る2月9日(月)兵庫県尼崎市で開催されます関西ハムシンポジウム2020で参考展示し、人柱版のフィードバックを受けて7月に開催されると思われる関西アマチュア無線フェスティバルもしくは10月開催予定のハムフェアで正式頒布を考えています。

そういうわけでイベントに先行して人柱版を少数頒布しますが、以下の応募条件にすべて該当する方を募集します。応募方法は、jl1vnq(アットマーク)gmail.comあてに、「VN-L5シリーズ人柱版キット頒布希望」の件名で(お持ちであれば)コールサイン、お名前、住所(発送先)、連絡が取れるメールアドレスをお送りください。

申し込みはメールに限ります。
twitterやfacebookなどのSNSのDM、messengerでは送らないでください。

折り返しモニター依頼のメールをお送りします。募集人数に達した段階で締め切ります。

応募要項 ⇒ 1/17募集人数に達したので締め切りました

募集人数8名(締め切りました)

応募条件
1.無線機の自作もしくは無線機キット製作経験があり、かつ表面実装部品の装着に十分慣れていること。
2.必ず組み立てること。(積みキットにしない)
3.ある程度自身でトラブルシュートが可能であること。
4.20MHz以上のオシロスコープを所有し、かつ操作できること。
5.PICプログラマ(Pickit3)を所有し、MPLAB X IDE環境があること。
(装着してからでないとPICにファームウエアをプログラムできないため)
6.改善案などのフィードバックもしくは製作レポートの公開(SNSやブログで)が出来ること。
7.ファームウエアのソースコードは現時点で非公開なので、無断で公開したり第三者への配布をしないこと。

必須条件ではありませんが、免許をおろして実運用していただけると嬉しいです。

キット頒布価格7,000円前後を予定

頒布時期2月前後を予定

キット内容
VN-L5シリーズCTRL部、TX部、RX部各基板と装着パーツすべて
(160m、80m両方のバンド依存パーツ同梱、どちらか好きなバンドを選択可能)

上下アクリルパネル(スイッチの穴加工が必要です)とスペーサ、つまみ類

160m、80m用のファームウエアとプログラムコード、簡単な説明書(pdfファイル)
(いずれもオンラインで提供)

ちなみに組みあがるとこんな感じです。(画像右上)

黒い基板のやつです

※参考
VN-L5シリーズ現時点での主な仕様

 [受信部]
 受信周波数 VN-160L5 0.5~2MHz,VN-80L5 3.2~4MHz
 受信部構成 高1中2シングルスーパーヘテロダイン
 中間周波数 6MHz
 クリスタルフィルタ通過帯域 約500Hz
 受信感度 -130dBm前後(簡易SG測定)
 消費電流 110mA(無音時)

 [送信部]
 送信周波数 JAバンドプランに準拠(オフバンド送信禁止)
 終段形式 プッシュプルE級増幅
 送信出力 20W@14.5V,18W@13.8V,13W@12V,10W@10V,5W@7.4V
     (周波数による変動あり)
 不要輻射 2次高調波-50dBc以下 帯域外不要輻射-40dBc以下
 効率(システム全体で)約75~80%

 [制御部]
 VNシリーズと同等
 追加点 パワーメーター,電源電圧表示,バンドプラン内表示

 外形サイズ(突起物除く) W64mm x H84mm x D42mm
 電源電圧 6.5~15.5V

 というわけで、よろしくお願いいたします。

追記:1/17 8名申し込みありましたので募集を締め切ります。ありがとうございました。

2020年1月8日水曜日

遅ればせながら新年初投稿

2020年迎えました。


子年ですね。干支の最初ということで、新たな気持ちでまいりましょう。

まず自作に関する今年の目標を。

1.ローバンド用モノバンド小型CWトランシーバ VN-L5シリーズ(160m版と80m版)キット頒布開始




 昨年末から試作を行っていた新シリーズの仕様が固まってきたので今月あたりからまず人柱版(ベータ版)を限定頒布し、フィードバックを取り入れ7月の関西アマチュア無線フェスティバルで正式版の頒布を開始したいです。

今は試作段階ですが、サイズは従来のVNシリーズにほぼ匹敵しながら160m版80m版ともに電源電圧13.8Vで20W前後、7.4Vで5W前後の送信出力を出せる実用的なリグに仕上がっています。

2.135kHz用CWトランシーバの試作とキット化

 最近フィンランドのJUMA社から唯一販売されていたスタンドアロンの50W出力の135kHz帯CW送信機キットTX-136が惜しくもディスコンになってしまいました。米国では昨年135kHz帯のアマチュアへの開放をきっかけにトランスバータなど出ているようですが、いまだトランシーバはおろか独立した送信機はまだ見かけていません。
日本ではサムウエイ製の送信機やどこかで一瞬販売されていた2W出力の送信機キットがあったようですが現在市場から消えてしまいました。

 そうしたなかせっかく解放された長波帯の活性化につながることも期待しつつ135kHz帯のトランシーバキットを作ってみたいと思っています。

 現状すでに送信部の製作は2年前に完了しており、受信部の設計を残していますがVN-L5シリーズの回路を継承して近々トランシーバとしてまとめます。できればQRSSやWSPR送信モードを追加してオールマイティにしたいですね。

3. SSB版VNシリーズの開発、試作

 VHF帯をターゲットにして検討中です。アイディアとして5Vのモバイルバッテリーを主電源とするべく各デバイスの低電圧動作の実験や、Si5351Aで基準発振周波数より高い周波数を発生させる場合のスプリアス問題の改善策などハードルがやや高いと予想されますが、こちらのほうも少しずつ進めていきます。

4.ディジタル信号処理の実験と実践

 CortexM7アーキテクチャの32bitマイコンのSTMマイコンをはじめ、高速ADC内蔵のデュアルコアdsPICなどどんどん面白いデバイスが出てきており、開発ツールもフリーという手を出さない手はないといった状況です。今のうちにマスターしてSDR機の自作にこぎつけたいですね。手始めに12kHzあたりのベースバンドのジェネレータからやってみようと思います。

5.AKC活動

 当初6名でスタートしたAKCですが、現在10名にまでメンバーが増えさらに活動が活発になると予想されます。今のところイベントでの同人キット頒布が活動の中心ですが、何か新しい試みもと思っています。

以上が自作に関する目標というかそんな感じです。

他にアマチュア無線関連の目標としては、移動運用やコンテスト参加をもう少し増やすといったところでしょうか。あと和文電信マスターなどまだまだいろいろとありますが今年中に達成できるかどうか、は何ともですが(苦笑)

2019年12月31日火曜日

【恒例の】2019年を振り返る

もうあっという間に大晦日になってしまいました。

年齢を重ねると時の経つのがだんだん早くなるというのは本当ですね。

今年もアマチュア無線を中心に印象に残ったエピソードを纏めてみました。

1.アマチュアキットクリエイターズ(AKC)立ち上げとイベント参加
いままでは個人的にブースのスペースをお借りしたり、通信頒布でオリジナルキットの頒布活動をしていましたが、あのCWインベーダーで世界征服を着々と進めているJQ1SRN武村OMのお声がけで集まった、私を含めた6名で同人ハードウエアキット製作集団のアマチュアキットクリエイターズ(AKC)を立ち上げるに至りました。(現在10名構成)
今年は関西アマチュア無線フェスティバルとハムフェア2019にブースを設け、メンバー思い思いのオリジナルキットを頒布しました。
AKCの活動理念と言えば大袈裟かもしれませんが、基本はキットを通じた技術交流だと思っています。キットを企画する上でもここ数年で回路設計や基板製作環境、部品調達に関する敷居がかなり低くなってきており、部品自体も性能や供給状況も常に刻々と変化してきています。この状況は自分のアイディアが比較的楽に具現化できるようになってきたということで、これを利用しない手はないと思っています。
で、同じ思いのAKCメンバー各々がユニークなアイディアを持っていてそれをキットとして拡げ、かつ享受することでまた次の新しいアイディアに繋がっていくという流れを作る土台になっているような気がします。
これからも何らかの形でかかわっていけたらなと思っています。

2.KiCADの導入
Keyer Mini-V2とVNシリーズ(4002,3002,2002)では、回路図をBsch3V、基板CADをPCBEを利用しガーバーデータ(基板製造データ)を作製していました。
Bsch3Vの回路図を目で確認しながらPCBEでパターンを描くというやり方で、2つのソフト間のPC上のデータ連携を持たないため間違いが多く、何度も基板製造発注をやり直したりしていました。
KiCADはフリーウエアでありながらネットリストを通じた連携機能など本格的な統合ソフトであり、自分も乗り換えようと思ってもなんとなく取っつきにくそうでなかなか腰が上がりませでした。
そこでKiCADが5にメジャーバージョンアップされたこともあり、QPM-01という通過型VSWR計を企画するにあたって一念発起し乗り換えてみました。
実際導入してみると、フットプリント作成などもパーツのデータシートを見ながら割合簡単に作成が可能で、何より回路図との連携やパターン修正後のグラウンドベタ塗りの自動修正機能が非常に便利で作業効率が格段に上がり、パターン間違いも非常に少なくなりました。

3.135kHzを自宅で運用し、2wayCW QSO成功
135kHzの運用の実際は、所有敷地が大きい場合を除き移動運用がほとんどでした。135kHz帯開放当初アクティブに活動されていたJH1GVY森岡OMのアンテナシステム実践理論の解説を参考にし、自分なりのアンテナシステムを構築して5年前だったかのローカルコンテストで初めて運用し5局もQSO出来たことは今でも胸が高鳴る思いです。
その後も同じアンテナシステムを使い移動による長波帯運用を行ってきました。そのためか自宅での運用はあまり考えていませんでした。
今年は千葉県を中心にした台風15号19号の影響を鑑み、今までの車での運用でなく一度自宅でやってみようということで車での運用スタイルを継承した形で自宅の屋上で構築してみました。
アンテナエレメント自体は問題なく展開することはできますが、問題はアースです。幸いにして手すりがうまい具合にアースに繋がっているのか、接続ボルトにアース端子を繋げるとアンテナ入力が75Ω前後と十分運用が可能な程度の低さだったため、ローディングコイルとインピーダンス変換トランスを経由して送受信機にアンテナにつなげてみると十分VSWRが下がり、高レベルのノイズの中からCW信号が聞こえ、2局とQSOすることが出来ました。
アンテナエレメント高は12mに及ぶため常設は不可能ですが、自宅からでも十分長波帯通信が楽しめることが分かりました。受信アンテナを送信と別にループ系にするなどいろいろと今後も工夫してみたいと考えています。

まだまだありそうですが一応こんなところで。

では最後に。

今年もいろいろとお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
皆様良いお年を。

2019.12.31
JL1VNQ / HARU

2019年12月21日土曜日

ローバンド用新VNシリーズの試作

あっという間に2019年も終わりに近づいてきていますね。

自作界隈ではいろいろとありました。まぁそれは後ほど年末の総括で振り返ることにして、モノバンドCWトランシーバキットVNシリーズにたくさんの方が興味を持っていただいたことに感謝するとともにそろそろ新しい展開をということで、次の展開として下のバンド160mと80m用のトランシーバーを進めることにしました。

2年ほど前に160mと2200m用のE級パワーアンプの実験を行ってきましたが、その後いったんストップしていました。今年になって今までの回路、基板CAD関係をKiCADver.5に移行しまず手習いとしてデジタルVSWRメーターの回路基板設計をおこない、次に11月ごろからローバンド用のトランシーバーの回路基板設計と試作を再開しました。

KiCADは部品やフットプリントライブラリをそろえることがやや大変ですが、リストにないものはデータシートを見て最初作ってしまえば流用がいくらでもできるので、あとあと楽になります。しかも回路図と基板レイアウトがネットリストで連携していることと、ベタ塗りの更新が非常に楽なところで今までの環境(PCBE)より圧倒的に作業効率が高くなります。

で、今回のローバンド用のトランシーバーですが基本的には従来のVNシリーズの構成を継承しています。ただしローバンド用として送信部を強化(パワーUP)し、安定して20Wクラスの出力が出せるようなものにしてみました。それでも基板サイズは60x80mmというコンパクトサイズにこだわりました。

というわけで、この記事では強化した送信部を中心にプチ解説します。

回路自体は2年ほど前に公開したものを流用しています。
CTRL部からの送信用3.3Vロジック信号をロジックICのバッファで受け、5V信号にレベル変換したのちC1でDCカットしT1のトランスで180°位相差信号とします。各々の信号をD1、D2でマイナス成分をカットし再び3つパラレルにしたバッファに入力して2対のパワーMOSFET FKI10531を駆動します。そのあとC5,6,L1,2で構成するE級ネットワークを経てインピーダンス変換トランスT2でインピーダンス変換したのち定K2段のLPFを通して出力としています。

今回の回路のミソはドライブ回路のバッファとして使用したロジックICの3ステートバッファ 74541です。このICは8個のバッファが入っていて、最初の2つのバッファで5Vレベル変換、残りの6つでゲートドライバとしています。パワーMOSFETのFKI10531は入力容量が1530pFとかなり高いのですが、total gate chargeが9.0nC(VGS 4.5V)で駆動電流もさほど大きくなく、かつturn off delay 13.7ns、Fall timeが6.0nsと高速なため短波帯までの10W級スイッチングPAには十分適応できるデバイスだと思われます。秋月で1個40円くらいで安いですし使わない手はないのではと。(ただ"D"マークがついちゃっているのが残念)

LPFは定K型2段構成ですが、プッシュプルで偶数次の高調波が抑えられており2次高調波の周波数で-20dB台でも送信波の測定では-60dBc近くまで2次高調波を抑える事が出来ています。

あとキーイングはVDDとSi5351A制御で行っていますが、VDDのコントロールにはDMG3415Uという小さな表面実装型Pch MOSFETを2つパラレルにして実装しています。この小さなパッケージでもID -4.0Aと結構大きいので数A程度の電源制御に好んで使っています。

そういうわけでKiCADで回路図を書いてから同じソフトのPCB CADに転送してパターンづくり、ガーバーデータ生成、PCB業者にアップロードして1週間程度で基板が送られてきます(なんという便利な世の中なのかと実感する瞬間(笑)。

 実装した送信部です。


パワーMOSFETの一つは裏側に装着していますがいずれもヒートシンクレスです。出力は13.8Vで20W前後、リチウムイオン電池2個直列の7.4Vでは約5WのQRPとなりました。
効率は全体のシステムで75%程度とまずまずでした。

そのあと受信部を実装し、CTRL部、送信部、受信部の3枚重ねとして試作機が完成しました。



こちらは80m版の試作機 E級ネットワークとLPFの定数変更で対応可能です

まだ修正や追加実装などを経て基板を再発注し、最終的な試作機が完成したら年明けのどこかのイベントで展示できるかもしれません。キットとしての頒布はまだその後ですね。

2019年12月6日金曜日

【重要】年内のキット頒布終了します

2019年ももうすぐ終わりになります。

 今年もVNシリーズをはじめ、拙キット楽しんでいただきましてありがとうございます。
 いろいろと忙しくなる時期に来ましたので、本年のキット頒布はこの投稿をもって終了とさせていただきます。

 すでに頒布希望をいただいている方は準備完了まで今しばらくお待ちください。

 取り急ぎご連絡まで
2019.12.6 JL1VNQ / HARU

 I will no longer accept this year's kit distribution (VN series, QPM-01, Keyer Mini-V2 Revision2).

Please wait for it to resume next year.

Thank you.